パソコントラブルから情報資産を守ります!サポートで社会に貢献!オレンジセキュアサービス株式会社。訪問エリア埼玉県を中心に拡大中。宅配エリア全国対応。
トップページ法人のお客様個人のお客様宅配サービス資料・コラム会社案内
security

「 NTLDR is missing 」でパソコンが起動しないときの対処法

トップページ > 資料・コラム > データ救出方法
公開日 : 2009年03月03日

「 NTLDR is missing 」エラーとは??? その対処法も

難易度「高」のちょっと面倒な論理障害です

NTLDR is missing

「NTLDR is missing」エラーでパソコンが停止してしまうトラブルの原因は単純ではありません。奥が深く、ハマってしまう方や、最悪の場合は傷口を広めてしまうことも考えられます。つまりこのトラブルから大切なデータを救出するには、ある程度の知識が必要なのです。

ちなみにこのトラブルは偶発的な論理障害が多く、リカバリでパソコンが使えるようになります。そしてこの場合はパソコンのパーツを交換したり、また買い換える必要もありません。

それでは「NTLDR is missing」エラーが表示される原因とは何があるのでしょうか? ざっくりとしたところで「ハードディスクの持つ情報が壊れている」、「 Windows の ntldr ファイルが壊れている」、「 BIOS が書き換わった」があげられます。

そして「ハードディスクの持つ情報が壊れている」場合は、ある程度の知識がないと傷口を広めてしまうことも考えられます。「うかつに作業すると」このようなリスクもあるということにまず注意してください。

また「Windows の ntldr ファイルが壊れている」場合は、Windows のセットアップ CD からファイルをコピーすれば復旧可能です。「 BIOS が書き換わった」場合については、再設定で完了です。ちなみにこれらの作業で傷口を広げることはないので心配ありません。

それでは「NTLDR is missing」エラーが起きたときの対処方法を注意点も含めてご説明します。

*ソフトを削除したらこのエラーになったというトラブルが急増しています。同じ症状であれば元に戻せます。お困りの際はぜひご依頼ください。お持込ちは東京・秋葉原 駅から徒歩 3 分です。料金は15,000円で 10 分もあれば直せます。宅急便も歓迎です。

ここでは回復コンソールを使った Windows の起動トラブル修復方法をご説明しています。しかし、万が一、パソコンのパーツに故障があると、むしろ作業してしまうことで悪化させてしまう恐れもあります。作業する際は、こちらのコラムもよく読んでください > 回復コンソール(特にchkdsk)でデータ消失も。その注意点。

「NTLDR is missing」エラーとは?

Windows を起動するために必要な「NTLDR」ファイルが見つからないというものです。それではなぜ見つからないかというと…

「ハードディスクの持つ情報が壊れている」
ハードディスクは「起動するメインのドライブがハードディスクのどこにある」などの基本的な情報を持っています。そこでその情報が間違えた形で書き換わってしまうと、「NTLDR」ファイルがどこにあるのか? 見つからなくなってしまいます。そして、このようなエラーが発生します。

「 Windows の ntldr ファイルが壊れている」
ハードディスクの持つ基本的な情報が正常であっても、Windows の「NTLDR」ファイルが無くなっていたり、壊れれていれば、このようなエラーが発生します。また「NTLDR」ファイルに関連する「boot.ini」、「NTDETECT.COM」、「bootfont.bin」といった Windows のファイルが無くなっていたり、壊れれていても同じです。

「 BIOS が書き換わった」
ハードディスクが 2台以上ある場合は、起動する順位が入れ替わってしまうと、このようなエラーが発生することもあります。たとえば Windows がインストールされていないハードディスクが上位にある場合は、もともと「NTLDR」ファイルが無いため発生することも。

なお、注意が必要なのは「ハードディスクの持つ情報が壊れている」です。うかつに修正してしまうとリカバリできなくなるパソコンもあります。ちなみに家電量販店で販売されているパソコンの多くはリカバリ時にキーボードの「F11」ボタンなどを押し、裏メニュウを呼び出すタイプですが、このタイプのパソコンはこれらのコマンドを使うと、リカバリできなくなることもあります。

そこで新しいパソコンを買うなど、このような弊害が残ってしまってもよいというのであればそれにこしたことはないのですが… 万が一データ救出ができず、リカバリもできなくなってしまったとなると、泣きッ面に蜂です。新しいパソコンを買う予定がない場合は、最終手段と考えたほうがよいでしょう。

「NTLDR is missing」エラー発生時の対処方法

まず影響のない「 BIOS 」設定から確認します。その後で回復コンソールを使い、Windows のセットアップ CD から「NTLDR」ファイルをコピーします。この段階で復旧できない場合は、当社のようなサポート会社へ依頼を検討されるか、または最終手段として「ハードディスクの持つ情報」を修正します。

もし Windows のセットアップ CD が無い場合は、Micosoft 社のサイトからフロッピー版をダウンロードし、作成してください。リンクは下にあります。

それでは「 BIOS 」設定の確認からご説明します。

1. 「 BIOS 」設定の確認

パソコンに内臓されているハードディスクが 1台のみという方は、飛ばしてください。2台以上接続している場合のみ確認します。

手順としては、電源を入れ、パソコン・メーカーのロゴが表示されたときに、キーボードの「 F2 」キーなどを押します。そして BIOS 画面を起動します。ちなみに何のキーを押すかについては、使っているパソコンの取り扱い説明書で確認してください。

BIOS 画面が起動したら、起動する順位を確認し、Windows がインストールされているハードディスクが上位に設定されていることを確認します。

もし Windows がインストールされていないハードディスクが上位にある場合は、設定を変更し、再起動してください。この場合はこれで復旧できます。

2. 回復コンソールを使い「NTLDR」ファイルをコピー

Windows のセットアップ CD 又はフロッピーでパソコンを起動します。すると自動的に「 Windows Setup 」が始まります。

Windows セットアップ

「セットアップの開始」画面が表示されたら、キーボードの「 R 」ボタンを押します。

Windows セットアップ

次の画面で「キーボードの種類」が求められるので、画面の指示に従って選んでください。ちなみにわからない場合は、キーボードの「半角/全角」ボタンを押します(普通は 106 日本語キーボードです)。

Windows セットアップ

回復コンソールが起動します。キーボードの「1」ボタンを押して、「Enter」ボタンを押します。もしパスワードの入力が求められた場合は、パスワードを入力します。

回復コンソール

次に「 cd c:\ 」と入力し、キーボードの「 Enter 」ボタンを押します。続けて同じように「 copy D:\i386\NTDETECT.COM 」と入力し、キーボードの「 Enter 」ボタンを押します。繰り返し「 copy D:\i386\ntldr 」、「 copy D:\i386\bootfont.bin 」、「 bootcfg /rebuild 」と入力します。ちなみに DVD/CD ドライブの割り当てが「E:\」の場合は、「D:\」部分を「E:\」に変えて入力します。

回復コンソール変更しますか? などのメッセージが表示されたら、キーボードの「Y」ボタンを押します

最後に「EXIT」と入力すると、パソコンが再起動するので、正常に起動するか? を確認します。もし正常に起動できない場合は、当社のようなサポート会社へ依頼を検討されるか、または以下の最終手段に進んでください。

3. 最終手段

家電量販店で販売されているパソコンの多くはリカバリ時にキーボードの「F11」ボタンなどを押し、裏メニュウを呼び出すタイプですが、このタイプのパソコンはこれらのコマンドを使うと、リカバリできなくなることもあります。データ救出後にパソコンを買い換える場合やリカバリ CD を作成済みの場合のみ試してください。

上記 2番の手順で回復コンソールを起動します。次に「 cd c:\ 」と入力し、キーボードの「 Enter 」ボタンを押します。続けて同じように「 fixmbr c: 」と入力し、キーボードの「 Enter 」ボタンを押します。繰り返し「 fixboot c: 」と入力します。最後に「EXIT」と入力し、再起動します。

万が一、データを救出できないときは…

上記手順を試しても「NTLDR is missing」エラーが解消されず、大切なデータが救出できない、困った… とお悩みのときはご相談ください。

「NTLDR is missing」エラーなら、すぐにデータを救出し、お客様にお渡しします。また Windows の再インストールなど、修理も賜りますので、お気軽にお申し付けください。

データ復旧実績ブログ 「 NTLDR is missing 」エラーのカテゴリ
データ復旧実績を原因解説付きで公開します。ぜひトラブルシュートにお使いください。

【ご案内】

東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内

データ復旧サービスのご案内(出張、宅急便、お持込み)

高度データ復旧サービスのご案内

【関連リンク】

パソコンが起動しない原因と Windows 回復コンソールの使い方

完全消去したデータでも復旧できるの???

Windows XP 回復コンソールについて  外部リンク:マイクロソフト社

Windows XP のインストール用起動ディスクを入手する方法 外部リンク:マイクロソフト社

データ復旧実績ブログ 秋葉原のオレンジセキュアサービス株式会社。千代田区神田佐久間河岸70。

当社サービスをピックアップ

大規模、高度、保守

法人のお客様

200台規模ネットワークの Downadup ウイルスの駆除、RAID サーバのデータ復旧など、大規模でも高度な障害でも復旧実績が数多くあります。またトラブルの現場をよく知る当社には、事故を未然防止するセキュアなノウハウや IT 活用事例がぎっしりと詰まっています。障害復旧も保守もぜひお任せください。

PC 1台や周辺機器

法人/個人のお客様

これまで培ってきた技術と経験でパソコン 1 台やビデオカメラ、周辺機器のトラブルを、情熱を持ってしっかりと解決します。ひとつでも多くの困ったを解決し、これからもお客様との信頼関係を築いていきます。法人のお客様も個人のお客様も、高度な障害でも復旧する当社にお任せください。

お持ち込みは秋葉原

法人/個人のお客様

オンサイト(出張)でのサポートを基本としている当社ですが、宅配・持込みも受付けています。ひとりのエンジニアが複数台を作業できるため効率が良く、料金を格安に抑えています。もちろん品質はオンサイトと変わりません。ぜひお持ち込みもご検討ください。宅配で全国の困ったも解決します!


オレンジセキュアサービスとは?

2006年に創業し、サーバ保守メンテナンスやセキュリティ対策の提案と施工、またウイルス駆除やデータ復旧といったトラブルレスキューを一貫して行ってきました。本社は埼玉県の杉戸町にあり、埼玉県の熊谷市、行田市、東京都の秋葉原(千代田区)に支社があります。

敷地の大きな本社でサーバやネットワークの技術研究、導入前テストを行い、また小さな事務所ですが世界に誇る IT の街 東京・秋葉原でサポート業務や営業活動を展開しています。サーバや IT 業界の最新の情報を得るために(社)コンピュータソフトウェア協会に加盟しています。

トラブルレスキューやセキュリティ構築、保守の実績としては、市町村、国公立大学、高校、上場企業、中小企業、特殊法人、一般のお客様と幅広くご利用いただいています。また大手 SIer、事務機器販売店、地域電器店の皆様の保守やサポートを代行しています。

トップページ | 法人のお客様 | 個人(法人)のお客様 | 宅配・持込み | 資料とコラム | 会社案内 | 


オレンジセキュアサービスとぜひ交流を! Twitter | Facebook | データ復旧実績ブログ | 社長のブログ

  

このコラムで紹介している予防法や駆除方法など、すべての情報はユーザーの自己責任で利用して頂きます。もし情報を利用することで損害等が発生しても一切責任を負いません。また記事・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。もちろん引用は可能ですが、引用元となる当サイトへのリンクは必ず行ってください(リンクはページリンク可)。ご不明な点はお問い合わせください。

Copyright© オレンジセキュアサービス株式会社 All rights reserved.
東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル 5 F
ウイルス駆除、データ復旧、データ消去、サーバ・ネットワーク・セキュリティ構築、保守・代行サポート
出張エリア : 東京・埼玉・茨城・栃木・群馬・千葉