Pc Repair

「スタートアップ修復が停止する、終わらない」の原因と対処法

スタートアップ修復が停止したり、終わらない…

まだまだ直す方法があります!

スタートアップ修復

パソコンが起動に失敗し、その後からスタートアップ修復が表示され停止する、またスタートアップ修復で何時間と終わりません。これはなぜでしょうか?!

このスタートアップ修復は、パソコンが起動しない場合にその原因を分析し直す、自己修復機能です。Windows7(Vista)から搭載されたトラブル解決ツールです。

そこでスタートアップ修復で停止する場合も終わらない場合も理由は同じく、このスタートアップ修復を構成するプログラムに不具合が起き、壊れています。

つまりもともと何らかの原因で Windows が壊れ、同時にスタートアップ修復関係のプログラムも一緒に壊れてしまったということです。

それでは Windows を直す方法はもうないのでしょうか? まだまだ直す方法があります。Windows DVD から起動修復を試すことができるのです。

なお、Windows とスタートアップ修復の両方が壊れるのは、異常中の異常と言えます。そしてハードディスクの故障も考えられます。悪化させてしまう恐れもあるので作業は注意して行ってください。

それでは Windows DVD から Windows を直す方法と注意点をご説明します。

スタートアップ修復を繰り返す、失敗する場合は原因が違い、対処法も変わります。スタートアップ修復を繰り返す、失敗するの原因と対処法 を読んでください。

そもそもスタートアップ修復とは何ですか?

スタートアップ修復は、パソコンが起動しない場合に自分で自分を直す、自己修復機能です。Windows7(Vista)から搭載されました。ちなみに Windows XP でトラブルが起きた場合は Windows CD からコマンドを使って修復を試すしかありません。つまりパソコンに精通していない限り、トラブル=手も足も出ないというのが実際のところです。

しかし、Windows7(Vista)ではこのスタートアップ修復が搭載され自動的に直るようになりました。さらに Windows XP では、CD からのシステムの復元が実行不可でしたが、Windows7(Vista)ではこのスタートアップ修復から実行できます。トラブルを解決できる確率も格段に上がりました。

例えばコンセントが抜けて Windows システムが壊れたとします。セーフモードでも起動不可です。そこでもし Windows XP であれば、Windows CD-ROM が必要であり、さらにコマンドを打って直します。パソコンに精通していない限りアウトです。しかし、Windows7(Vista)ではこのスタートアップ修復で自動的に直ります。もしコンセントが抜けセーフモードで起動不可でも、スタートアップ修復が始まり無事起動します。ユーザーにとってだいぶ優しい機能と言えるでしょう。

そしてこのスタートアップ修復が停止したり、終わらない、つまり完走しないのは異常です。万が一、スタートアップ修復で直せない場合は「スタートアップ修復ではこのコンピュータを自動的に修復できません」というメッセージが表示され完了します。最後まで完走しないのは、Windows システムが壊れた時にスタートアップ修復関係のプログラムも一緒に壊れてしまったからです。なお、スタートアップ修復関係のプログラムが壊れても、システム修復ディスクを作って修復を試すことができます。以下に進みます。

ちなみに右のリンクは「スタートアップ修復」が終わらないパソコンを、Windows DVD からトラブル発生前に戻せた修復成功の事例です( 「スタートアップ修復が終了しない」の起動修復 Sony Vaio)。スタートアップ修復関係のプログラムが壊れている場合は、システム修復ディスクから修復します。

システム修復ディスクの作り方と注意点

DVD 版の「スタートアップ修復」を作ることができます。それが「システム修復ディスク」です。なお、修復するマシンで「システム修復ディスク」を作成することはできませんが、違うマシンで作成することはできます。職場内や家族のパソコンで「システム修復ディスク」を作り、修復を試すことができます。

できれば同じ機種のパソコンで作ってください。もし同じ機種がない場合は裏ワザになりますが、別の機種のパソコンで作ります。ちなみに、お使いの機種によってはリカバリディスクでしか修復作業できないなど特殊な場合もあります。うまくいかないときはお使いのパソコンメーカーさんに確認してください。

システム修復ディスクの作り方

「スタート」ボタンをクリックし、「すべてのプログラム」をクリックします。「システム」フォルダをクリックし、「システム修復ディスクの作成」をクリックします。

windows のスタートボタンの画面

「システム修復ディスクの作成」画面が表示されたら、DVD を入れて「ディスクの作成(R)」をクリックします。

DVD 作成画面あとは終わるのを待つだけです。

同じ機種のパソコンで作った場合は間違えありませんが、別の機種のパソコンで作った場合は、32bit 版と 64bit 版に気をつけてください。 32bit のパソコンには 32bit の Windows7 で作成した「システム修復ディスク」を使います。

64bit or 32bit の表示画面システム修復ディスクを作成したら、スタートアップ修復が停止する、終わらないパソコンで修復を試します。

ちなみに、レノボ社製のパソコンで作成した「システム修復ディスク」を acer 社製パソコンで使用したところ問題ありませんでした。違うメーカーのパソコンでも Windows7 同士で同じ bit なら使えます。ただし、パソコンによっては最新の「GPT」の場合もあります。こちらはちょっと仕組みが違います。もしエラーが起きるなどで修復作業ができない場合は、お使いのパソコンメーカーさんに聞いてください。リカバリディスクでしか作業できない機種があるなど特殊なケースもあります。

テストしているところ事務用で使っているノートパソコンでテストしてみました。
純正DVDもちろん、お客様のパソコンを修復するときは Microsoft 社純正の DVD を使用しています。2 枚あるのは 64bit と 32bit のためです。

スタートアップ修復が停止する、終わらないの対処法

上で作成したシステム修復ディスクからスタートアップ修復を実行します。これで「停止する、終わらない」という症状が改善します。もし万が一、症状が改善しない場合はハードディスク故障も考えられます。悪化させてしまう恐れもあり、スタートさせて放置するのではなく、作業中は注意深く見守ってください。

システム修復ディスクからの修復方法

システム修復ディスクの DVD からパソコンを起動します。DVD からの起動方法がわからない場合やエラーができる場合は、お使いのパソコンメーカーさんに確認してください。特殊なケースもあります。

システム修復ディスクDVD からの起動に成功するとこの画面になります。

この画面になったら「日本語(日本)」を選択し、「Next」ボタンをクリックします。

System Recovery Options
System Recovery OptionsMicrosoft IME のままで大丈夫です。

この「システム回復オプション」画面が表示されたら終わるまで待ちます。

システム回復オプション

「次へ(N)」をクリックし、スタートアップ修復を実行します。

システム回復オプション

この画面でスタートアップ修復を実行します。

システム回復オプション

この「スタートアップ修復」画面が表示され、終わるのを待つだけです。

スタートアップ修復

「修復しました」というメッセージの場合は、無事起動することを確認します。また下の画像のように「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面が出たら右上の「×」ボタンをクリックします。ちなみにスタートアップ修復が完走したということは、スタートアップ修復が停止する、終わらない状況は改善したということです。この調子で Windows も直しましょう。

「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面スタートアップ修復で失敗する場合は「システムの復元」を試します。

次に「システムの復元とサポートの詳細オプションの表示」をクリックします。

「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面2

「回復ツールを選択してください」画面が表示されたら、今度は「システムの復元」をクリックします。

「回復ツールを選択してください」画面

「次へ(N)」ボタンをクリックします。

システムの復元

「システムの復元」画面が表示されたら、まずは最新の復元ポイントを選択し、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

システムの復元2復活しない場合は違う日付のポイントに変更し、試します。

「完了」ボタンをクリックします。

システムの復元3

「はい」をクリックすると、システムの復元の処理が始まります。

システムの復元4この次で修復の処理が始まります。自動的に処理が進み、終わるのを待つだけです。

この画面が表示されたら「再起動」をクリックし、無事起動することを確認します。

システムの復元5もし起動に失敗する場合は上記の日時を違うポイントに変更し、試します。

その他、「システム イメージの回復」はイメージファイルというバックアップファイルを作成している場合のみ使えます。ただしシステムの復元とは違い、作成日の状態に Windows も「データもすべて過去に戻ります」(システムの復元の場合、データはそのままです)。また「Windows メモリ診断」はメモリという部品を検査します。「プログラムが終了しました」といった異常なエラーメッセージが表示される場合は試します。「コマンドプロンプト」はシステムの復元をオフにしている場合に使います。例えばトラブルの原因になっているプログラムを削除するなど。システムの復元が有効であれば Windows システムを過去に戻せるので使いません。

システム回復オプション