Pc Repair

「ドライブ F のディスクはフォーマットされていません」の原因と対処法

「ディスクはフォーマットされていません」とは?!

その前に「今すぐフォーマットしますか?」は、必ず「いいえ(N)」をクリック!

「フォーマットされていません」の画像

外付けハードディスク、USB メモリ、SD カードといったメディアを開いたときに「ドライブ F のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」このエラーが表示されたら… 必ず「いいえ(N)」ボタンをクリックしてください。なぜなら…

「はい(Y)」ボタンでフォーマットすると、新しい状態に変わってしまいます。トラブルが起きているところにフォーマットをかけてしまうと、不具合や不整合が起きた状態で確定することになり、もともとボロボロな状況に追い打ちをかけることになります。

そしてこの「ディスクはフォーマットされていません」ですが、OS( Windows )レベルで使う情報にトラブルが起きています。外付けハードディスク、USB メモリ、SD カードなどに保存されているのはデータだけではなく、そのメディアの記録方法など OS で使用するための重要な情報も保存されています。この情報にトラブルが起こると、そのメディアが何ものなのか不明になるためエラーが発生します。

ちなみに、Windows であれば NTFS と FAT32 があり、Mac と共有する場合は FAT32 で使うなど、カスタマイズできます。そして箱となるメディアの問題ではなく、この保存されている情報が消えたり、不整合が発生しています。ただし、メディアの劣化が起因して情報がおかしくなることもあり(故障が原因の場合もあり)、うかつにあれこれ試すと悪化する恐れもあります。ここは要注意です。

それでは「ディスクはフォーマットされていません」について、その障害となっている原因と注意点、対処法をご説明します。

「ディスクはフォーマットされていません」をレポートします

外付けハードディスク、USB メモリ、SD カードの中には、データだけではなく、そのメディアの記録方法やその他、OS レベルで使ういろいろな情報も保存されています( 以下 OS 情報に統一 )。繰り返しになりますが、データだけではありません。

マイコンピュータボリューム(E:)(F:)(G:)(H:)は、1つの外付けハードディスクを分割したものであり、データだけではなく、そのメディアの記録方法やその他情報が保存されています。

具体的には、ボリューム(E:)(F:)(G:)(H:)の先頭に、ここからスタートしますという OS 情報があります。NTFS ですので「NTFS」の呪文から始まります。なお、画像はボリューム(F:)のスタート位置です。次に進みます。

NTFS

ボリューム(F:)の OS 情報をゼロ上書きで壊してしまうと…

NTFSを消す

Windows がきちんと認識できずローカルディスク(F:)という名称に変わってしまいましたが、クリックすると「ドライブ F のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」で開けません。またボリューム(F:)のスタート位置のみ壊しましたので、他のボリュームに影響はありません。

ディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか

ちなみにボリューム(H:)の FAT32 は「FAT32」の呪文から始まります。

FAT32

人為的に再現できるため OS 情報を消しました。しかし、このようなソフトがないとあえて消したり変更することはできません。そこで「この操作を行うと OS 情報が消えてしまう、不具合を起こす」という法則はありません。ただしデータ量がギリギリというケースを多く見かけますので容量の 80% 未満に抑えたほうが良いでしょう。その他注意点などは「 なぜフォーマットされていませんエラーが発生するの? その注意点も 」こちらも読んでください。

復旧方法とその注意点

このようにドライブのデータを読み書きする根本の仕組みにトラブルが生じています。そしてコントロールパネルからちょこちょこっと操作すると復活するような簡単な話ではありません。もちろん、1 ヶ月放置すると解除されるわけでもありません。一般的な環境で保存されているデータを救出するには、データ復旧ソフトしか選択肢はないと言えるでしょう。

ただし注意点もあります。もし万が一、ハードディスクが壊れている場合は悪化させてしまう恐れもあります。まずはハードディスクに故障がないかを検査します。*USB メモリや SD カードといったメモリ系部品は仕組みがないため検査できません。

ハードディスクには S.M.A.R.T( Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology )という自己診断機能があります。もし故障があれば記録されます。フリーソフトで簡単に情報を取得でき、ここではフリーソフトの「 CrystalDiskInfo 」を使用しています。いつものようにパソコンへ外付けハードディスクを接続した状態で検査します。

CrystalDiskInfo を起動します。左のドライブはお使いのパソコンの内臓ドライブ(Cドライブ)です。右のドライブが接続した外付けハードディスクです。健康状態が「正常」であれば復旧を試せます。また画像のように「注意」や「異常」とある場合は故障です。その他、詳細は 不良セクタとは? その注意点も も読んでください。

「CrystalDiskInfo」画面「正常」の場合はデータ復旧ソフトを試します。

ハードディスクに故障がなければデータ復旧ソフトを試します。まずはお試し版でテストしてください。これはデータ復旧ソフトは知識が不要な反面でオートマチックな作業しかできず、そしてこのオートマチックの解析に失敗すればデータを取り出すことができないためです。そこで、もし失敗する場合は違うソフトを試します。なお、ソフト毎にプログラミングは違うでしょうから「こっちは失敗して、あっちは成功する」なんてこともあるかもしれません。データが取り出せる場合は購入を検討します。ちなみに「データ復旧ソフト お試し版」でググると見つかります。