パソコントラブルから情報資産を守ります!サポートで社会に貢献!オレンジセキュアサービス株式会社
トップページ法人のお客様個人のお客様宅配サービス資料・コラム会社案内
security

なぜ「フォーマットされていません」エラーが発生するの? その注意点も

トップページ > 資料・コラム > データ救出
公開日 : 2009年12月28日
修正日 : 2014年02月15日

突然「ディスクはフォーマットされていません」のエラーメッセージが…

このフォーマットとは何ですか???

フォーマットされていません

フォーマットとは、データの記録方法です。ちなみにですが、OS の種類は Windows だけではなく、たとえば Mac OS X や Linux といった OS もあります。そして OS ごとやそのバージョンごとに対応するフォーマットが違います(データの記録方法が違います)。

もちろん OS ごとにフォーマットが違うので、Windows のパソコンから Mac OS X や Linux でフォーマットしたメディア(内臓・外付ハードディスク、USB メモリ、デジタルカメラの SD カード・ CF カードなど)を開くことはできません。この場合も「ディスクはフォーマットされていません」エラーが表示されます。

なお、メディアは保管庫のようなもので、フォーマットは保管庫内の棚や仕切りといったところです。使う側( OS 側)で棚や仕切りをカスタマイズしてデータを保管します。また OS の種類やバージョンでこのカスタマイズ方法が変わります。

そしてこの「ディスクはフォーマットされていません」とは、そのメディアのフォーマットが Windows に合っていないというエラーなのです。

ところが、ほとんどの「ディスクはフォーマットされていません」エラーは、突然発生したものです。直前まで Windows パソコンを使っており、たとえば Mac OS X でそのメディアを使ったために発生したわけではありません。それではなぜ突然発生したのでしょうか? また保存してあるデータは無事なのでしょうか? 「ディスクはフォーマットされていません」エラーの原因を中心にご説明します。

*保存してある大切なデータについては、当社で救出が可能です。お困りの際は実績豊富な当社へお任せください。

なぜ「フォーマットされていません」エラーが発生したの?

外付けハードディスク「ディスクはフォーマットされていません」の原因と対処法 で詳しくレポートしていますが、外付けハードディスクやデジタルカメラ( SD カード・ CF )、USB メモリの中には、データだけではなく、そのメディアのフォーマット方法なども一緒に保存されています。そしてこの情報に不具合や不整合が起こると「フォーマットされていません」エラーが発生します。

ちなみに冒頭で、フォーマットを保管庫内の棚や仕切りに例えました。それらの情報はこの画像のように呪文のような感じで(以下 呪文で統一します)、メディアに直接書き込まれます。テキストなどのファイルではありません。

NTFSNTFS フォーマットの場合は「NTFS」の呪文から始まります。この画像は「 外付けハードディスク「ディスクはフォーマットされていません」の原因と対処法 」でレポートしています。

そしてこの呪文はファイルとして存在しないため、ユーザーが間違えて削除することはできません。パーテーションを削除したり、フォーマットするなどコントロールパネルから操作しない限り、操作は不能です。それではなぜ不具合や不整合が起きてしまうのでしょうか?

1. パソコンの誤作動

パソコンの一時的な誤作動により、呪文を書き換えてしまうことがあります。もちろん、一時的な誤作動のため、故障パーツもなく、再現もできません。またフォーマットを行えば、そのメディアが使えるようになります(ただしデータは消えてしまいます)。

なお、このケースの共通点ですが、そのメディアの容量いっぱいまでデータを保存しているケースが多いです。予防法としては「データ容量を最大でも 80% 程度に抑える」ことが大切です。また USB 機器を取り外す際は「安全な取り外し」機能を使ってください。

2. セクタ不良

セクタ不良とは、メディアの記録面の故障です。その故障箇所に呪文が保存されていた場合は、読み込めなくなってしまうので「フォーマットされていません」エラーが発生します。データ記録の仕組み上、セクタ不良を修理することはできません。

なお、エラー発生前から前兆の出るケースもあります。たとえば自動的に「chkdskコマンド」(修復プログラム)が開始されるなど。そのメディアを接続したときに、普段は見ないような画面が表示されたら買い換え時期と判断し、トラブルを予防してください。また 不良セクタとは? その注意点も にその他の注意点などを詳しく書いてあります。こちらも読んでください。

3. メディア側の処理能力の低下

メディア側の故障でデータの読み書き速度が不安定になってしまうと、呪文を読み込む前に切断されてしまいます。USB メモリや SD カードといったメモリ系でよく見かけます。このトラブルは目で確認することもできます。そのメディアのアクセスランプの点滅が異常に遅くなります。典型的な突然壊れるケースです(前兆などは無い)。

4. インターフェースの不具合

メディアとパソコンの接点のトラブルです。たとえば外付けハードディスクの場合、分解するとハードディスクと USB 変換する基盤があります。そしてこの USB 変換する基盤が故障し、処理能力が不安定になることもあります。パソコン買替時のデータ引越し用に、ハードディスクを USB 変換する部品が家電量販店で販売されていますので、こちらでパソコンに接続します。またパソコン側の差込口や Windows がメディアを正常に認識しないというケースもあります。他のパソコンに接続して解決することもあります。

データの保存状態について

「フォーマットされていません」エラーは、呪文が読み込めないために発生します。ただし、設定情報が読み込めないというだけであって、保管庫内の棚や仕切りが崩れたわけではありません。データはそのまま保管されています。

ただし、あれこれ試してしまうと、結果としてデータを壊してしまうことも。その場合は、もちろん壊れた状態でデータが救出されます。またメディアに物理的な損傷がある場合は、認識すらされなくなることもあります。

そこで「フォーマットされていません」エラーが発生した場合の注意点としては、まず「フォーマットせずにキャンセルする」こと、「chkdskコマンド」(修復プログラム)などの普段は見ることのない画面が表示されたら「キャンセル」することが重要です。

またデータ復旧ソフトを使って救出を試す場合は、1回だけ試します。これは何回試しても結果は同じであること、メディアに物理的な損傷がある場合は、何回も試すことで悪化させてしまう恐れもあるためです。なお、当社であれば、データ復旧ソフトを使って救出できない障害でもデータを取り出せます。お困りの際は実績豊富な当社へお任せください。

データ復旧実績ブログ 「 フォーマットされていません 」エラー「 USB ハードディスク 」 もご確認ください。データ復旧実績を原因解説付きで公開します。ぜひトラブルシュートにお使いください。

【ご案内】

データ復旧方法

データ復旧サービスのご案内(出張、宅急便、お持込み)

高度データ復旧サービスのご案内

東日本震災復興支援特別割引サービス(中長期実施)のご案内

【関連リンク】

「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」の原因と対処法 Win8、7、Vista

外付けハードディスク「フォーマットされていません」の原因と対処法

「今すぐフォーマットしますか」フォーマットしては駄目です

データ復旧ソフトで失敗する原因と注意点(論理障害)

データ復旧ソフト:ファイナルデータ

データ復旧実績ブログ 秋葉原のオレンジセキュアサービス株式会社。千代田区神田佐久間河岸70。

当社サービスをピックアップ

大規模、高度、保守

法人のお客様

200台規模ネットワークの Downadup ウイルスの駆除、RAID サーバのデータ復旧など、大規模でも高度な障害でも復旧実績が数多くあります。またトラブルの現場をよく知る当社には、事故を未然防止するセキュアなノウハウや IT 活用事例がぎっしりと詰まっています。障害復旧も保守もぜひお任せください。

PC 1台や周辺機器

法人/個人のお客様

これまで培ってきた技術と経験でパソコン 1 台やビデオカメラ、周辺機器のトラブルを、情熱を持ってしっかりと解決します。ひとつでも多くの困ったを解決し、これからもお客様との信頼関係を築いていきます。法人のお客様も個人のお客様も、高度な障害でも復旧する当社にお任せください。

お持ち込みは秋葉原

法人/個人のお客様

オンサイト(出張)でのサポートを基本としている当社ですが、宅配・持込みも受付けています。ひとりのエンジニアが複数台を作業できるため効率が良く、料金を格安に抑えています。もちろん品質はオンサイトと変わりません。ぜひお持ち込みもご検討ください。宅配で全国の困ったも解決します!


オレンジセキュアサービスとは?

2006年に創業し、サーバ保守メンテナンスやセキュリティ対策の提案と施工、またウイルス駆除やデータ復旧といったトラブルレスキューを一貫して行ってきました。本社は埼玉県の杉戸町にあり、埼玉県の熊谷市、行田市、東京都の秋葉原(千代田区)に支社があります。

敷地の大きな本社でサーバやネットワークの技術研究、導入前テストを行い、また小さな事務所ですが世界に誇る IT の街 東京・秋葉原でサポート業務や営業活動を展開しています。サーバや IT 業界の最新の情報を得るために(社)コンピュータソフトウェア協会に加盟しています。

トラブルレスキューやセキュリティ構築、保守の実績としては、市町村、国公立大学、高校、上場企業、中小企業、特殊法人、一般のお客様と幅広くご利用いただいています。また大手 SIer、事務機器販売店、地域電器店の皆様の保守やサポートを代行しています。

トップページ | 法人のお客様 | 個人(法人)のお客様 | 宅配・持込み | 資料とコラム | 会社案内 | 


オレンジセキュアサービスとぜひ交流を! Twitter | Facebook | データ復旧実績ブログ | 社長のブログ

  

このコラムで紹介している予防法や駆除方法など、すべての情報はユーザーの自己責任で利用して頂きます。もし情報を利用することで損害等が発生しても一切責任を負いません。また記事・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。もちろん引用は可能ですが、引用元となる当サイトへのリンクは必ず行ってください(リンクはページリンク可)。ご不明な点はお問い合わせください。

Copyright© オレンジセキュアサービス株式会社 All rights reserved.
東京都千代田区神田佐久間河岸70 第二田中ビル 5 F
ウイルス駆除、データ復旧、データ消去、サーバ・ネットワーク・セキュリティ構築、保守・代行サポート
出張エリア : 東京・埼玉・茨城・栃木・群馬・千葉