Pc Repair

「 Windows エラー回復処理」で起動できない場合の対処法 Windows7(Vista)

「 Windows エラー回復処理」画面でセーフモードでも起動できない?!

スタートアップ修復がまだ試せます! Windows7(Vista)

Windows エラー回復処理

パソコン電源直後に「 Windows エラー回復処理」画面が表示された場合は、まず「通常起動」を選択します。もし起動に失敗した場合は…?

再び「 Windows エラー回復処理」画面が表示されますので「セーフモード」を選択します。起動に成功した場合は念のため、バックアップを取ってください。

ちなみにですが、Windows XP のときは 「 Windows 拡張オプションメニュー」 というタイトルでした。こちらはセーフモードで失敗すると Windows CD から回復コンソールを試すしかありませんでした。

Windows7(Vista)は万が一セーフモードに失敗しても「スタートアップ修復」というクリックひとつで簡単に修復が試せるツールが搭載されています。さらに「システムの復元」まで実行できるのですから起動修復できる可能性が非常に高くなっていると言えるでしょう。

それでは「 Windows エラー回復処理」で起動できない場合の対処法と注意点をご説明します。

「 Windows エラー回復処理」画面が表示される原因

「 Windows エラー回復処理」画面が表示されるということは、パーテーション情報や Windows の起動に必要なファイルは正常に読み込まれています。そのため、起動系ファイルのトラブルではありません。そして原因ですが、Windows のプログラムや設定ファイルに問題があったり、ドライバなどのアプリケーションソフトに問題が生じています。

通常は何でもないレベルの偶発的なトラブルです。「 Windows エラー回復処理」画面が表示された場合は「通常起動」を選択してください。これで無事起動します。もし失敗した場合は最小の構成で立ち上がる「セーフモード」を選択します。起動に成功した場合は念のため、バックアップを取ってください。

結論を指すイメージ画像

もし「セーフモード」を選択しても立ち上がらない場合は、重要なプログラムやシステムファイルが壊れています。そこで「システム回復オプション」から修復を試します。ちなみに Windows XP でトラブルが起きた場合は Windows CD からコマンドを使って修復を試すしかありません。つまりパソコンに精通していない限り、手も足も出ないというのが実際のところです。そして Windows7(Vista)からは自己修復機能が搭載され、XP 時代では解決が難しかったトラブルでも「システム回復オプション」から簡単に直せるようになりました。

ただしハードディスクの故障が原因で「 Windows エラー回復処理」画面が表示されることもあり、うかつに長時間の作業を行ってしまうと悪化させてしまう恐れもあります。修復作業はよくよく注意して行ってください。作業前に 不良セクタとは? その注意点も も読んでください。症状や注意点をレポートしています。

「 Windows エラー回復処理」で起動できない場合の対処法

「詳細ブート オプション」画面を呼び出し「コンピューターの修復」を選択します。そこからまずは「スタートアップ修復」を実行し、もし失敗する場合は再起動後に「システムの復元」を実行します。ちなみにですが「 Windows エラー回復処理」画面で「コンピューターの修復」が表示される場合は同じ機能ですのでそちらから進んでください。

なお、「システム回復オプション」画面が表示される前に青い画面で停止する STOP エラー が表示される場合は 「コンピューターの修復」が失敗する場合の対処法 のコラムを読んでください。

注意点としましては、「スタートアップ修復」または「システムの復元」が完走せずに停止する場合はハードディスクの故障と考えて間違いありません。作業中は放置せずに見守ってください。

1. 修復手順について

「詳細ブート オプション」画面を呼び出します。パソコンの電源を入れてからキーボードの「 F8 」キーを何回か押します。具体的には、パソコン・メーカーのロゴが表示され → まっ黒画面 → Windows ロゴと流れますが、この「まっ黒画面」のときにキーボードの「F8」キーを押します。

「詳細ブート オプション」画面が表示されたら「コンピュータの修復」を選択し、キーボードの「 Enter 」キーを押します。

詳細ブート オプション

「システム回復オプション」画面が表示されたら「次へ(N)」ボタンをクリックします。キーボードの入力方式は「Microsoft IME」のままで大丈夫です。

システム回復オプション画面1

自分のユーザー名を選択し、パスワードを入力し、「OK(O)」ボタンをクリックします。

システム回復オプション画面2

セーフモードで起動しない場合、通常は自動的にスタートアップ修復が始まります。もし「回復ツールを選択してください」画面が表示される場合は「スタートアップ修復」をクリックすると始まります。

スタートアップ修復通常はこの「スタートアップ修復」画面が表示され、終わるのを待つだけです。
「回復ツールを選択してください」画面この画面が出る場合は「スタートアップ修復」をクリックすると始まります。

「修復しました」というメッセージの場合は、無事起動することを確認します。また下の画像のように「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面が出たら右上の「×」ボタンをクリックします。

「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面スタートアップ修復で失敗する場合は「システムの復元」を試します。

次に「システムの復元とサポートの詳細オプションの表示」をクリックします。

「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面2

「回復ツールを選択してください」画面が表示されたら、今度は「システムの復元」をクリックします。

「回復ツールを選択してください」画面

「次へ(N)」ボタンをクリックします。

システムの復元

「システムの復元」画面が表示されたら、まずは最新の復元ポイントを選択し、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

システムの復元2復活しない場合は違う日付のポイントに変更し、試します。

「完了」ボタンをクリックします。

システムの復元3

「はい」をクリックすると、システムの復元の処理が始まります。

システムの復元4この次で修復の処理が始まります。自動的に処理が進み、終わるのを待つだけです。

この画面が表示されたら「再起動」をクリックし、無事起動することを確認します。

システムの復元5もし起動に失敗する場合は上記の日時を違うポイントに変更し、試します。

その他、「システム イメージの回復」はイメージファイルというバックアップファイルを作成している場合のみ使えます。ただしシステムの復元とは違い、作成日の状態に Windows も「データもすべて過去に戻ります」(システムの復元の場合、データはそのままです)。また「Windows メモリ診断」はメモリという部品を検査します。「プログラムが終了しました」といった異常なエラーメッセージが表示される場合は試します。「コマンドプロンプト」はシステムの復元をオフにしている場合に使います。例えばトラブルの原因になっているプログラムを削除するなど。システムの復元が有効であれば Windows システムを過去に戻せるので使いません。

システム回復オプション