セーフモードでパソコンが起動しないときの修復方法

この記事は Windows XP 用の作業手順です!

この記事は セーフモードでパソコンが起動しないときの対処法 の続きで、Windows XP で Windows トラブルを修復する方法をご説明します。セーフモードでパソコンが起動しないときの概要や原因、Windows8 での修復方法はリンクから確認してください。

Windows のセットアップ CD から「 copy 」コマンドでレジストリ・ファイルをバックアップフォルダから戻し、修復を試します。この段階で修復できない場合は、当社のようなサポート会社へ依頼を検討されるか、または「 listsvc 」コマンドで Windows のプログラムやドライバを調べ、次に損傷していると思われるプログラムやドライバを「 disable 」コマンドで停止して試してください。

なお、Windows XP はセットアップ CD からしか修復ができません。国産メーカーのリカバリ CD は修復機能のないケースが多く、下記画面がない場合はネットオークションなどで「 Microsoft 社製」の Windows CD-ROM を入手するしかありません。

回復コンソールの使い方

Windows のセットアップ CD 又はフロッピーでパソコンを起動します。すると自動的に「 Windows Setup 」が始まります。

「セットアップの開始」画面が表示されたら、キーボードの「 R 」ボタンを押します。

次の画面で「キーボードの種類」が求められるので、画面の指示に従って選んでください。ちなみにわからない場合は、キーボードの「半角/全角」ボタンを押します(普通は 106 日本語キーボードです)。

回復コンソールが起動します。キーボードの「1」ボタンを押して、「Enter」ボタンを押します。もしパスワードの入力が求められた場合は、パスワードを入力します。

まずファイルのバックアップを作成します。「 copy c:\windows\system32\config\system c:\windows\system32\config\system.bakupfile 」と入力し、キーボードの「 Enter 」ボタンを押します。次に「 system 」の部分を「 software 」、「 sam 」、「 security 」、「 default 」に置き換え、繰り返し作業します。

今度は「 repair 」フォルダ内にある初期のバックアップ・ファイルから修復します。「 copy c:\windows\repair\system c:\windows\system32\config\system 」と入力し、キーボードの「 Enter 」ボタンを押します。次に「 system 」の部分を「 software 」、「 sam 」、「 security 」、「 default 」に置き換え、繰り返し作業します。

最後に「EXIT」と入力すると、パソコンが再起動するので、正常に起動するか? を確認します。もし正常に起動できない場合は…

「 listsvc 」コマンドで Windows のプログラムやドライバを調べ、次に損傷していると思われるプログラムやドライバを「 disable 」コマンドで停止します。なお、作業に間違いがあったときは「 enable 」コマンドで、再開できます。