セーフモードでパソコンが起動しないときの対処法

Win7、Vista の起動トラブルの直し方です!

この記事は セーフモードでパソコンが起動しないときの対処法 の続きで、Windows7 及び Vista で Windows トラブルを修復する方法をご説明します。セーフモードでパソコンが起動しないときの概要や原因、Windows8 での修復方法はリンクから確認してください。

セーフモードでもパソコンが起動しない場合、Windows7 、Vista は「コンピュータの修復」からスタートアップ修復を実行します。それでも起動しない場合は、システムの復元を実行します。

Windows7、Vista の直し方

「詳細ブート オプション」画面を呼び出します。パソコンの電源を入れてからキーボードの「 F8 」キーを何回か押します。具体的には、パソコン・メーカーのロゴが表示され → まっ黒画面 → Windows ロゴと流れますが、この「まっ黒画面」のときにキーボードの「F8」キーを押します。

「詳細ブート オプション」画面が表示されたら「コンピュータの修復」を選択し、キーボードの「 Enter 」キーを押します。

「システム回復オプション」画面が表示されたら「次へ(N)」ボタンをクリックします。キーボードの入力方式は「Microsoft IME」のままで大丈夫です。

自分のユーザー名を選択し、パスワードを入力し、「OK(O)」ボタンをクリックします。

セーフモードで起動しない場合、通常は自動的にスタートアップ修復が始まります。もし「回復ツールを選択してください」画面が表示される場合は「スタートアップ修復」をクリックすると始まります。

「修復しました」というメッセージの場合は、無事起動することを確認します。また下の画像のように「スタートアップ修復ではこのコンピューターを自動的に修復できません」画面が出たら右上の「×」ボタンをクリックします。

次に「システムの復元とサポートの詳細オプションの表示」をクリックします。

「回復ツールを選択してください」画面が表示されたら、今度は「システムの復元」をクリックします。

「次へ(N)」ボタンをクリックします。

「システムの復元」画面が表示されたら、まずは最新の復元ポイントを選択し、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

「完了」ボタンをクリックします。

「はい」をクリックすると、システムの復元の処理が始まります。

この画面が表示されたら「再起動」をクリックし、無事起動することを確認します。

その他、「システム イメージの回復」はイメージファイルというバックアップファイルを作成している場合のみ使えます。ただしシステムの復元とは違い、作成日の状態に Windows も「データもすべて過去に戻ります」(システムの復元の場合、データはそのままです)。また「Windows メモリ診断」はメモリという部品を検査します。「プログラムが終了しました」といった異常なエラーメッセージが表示される場合は試します。「コマンドプロンプト」はシステムの復元をオフにしている場合に使います。例えばトラブルの原因になっているプログラムを削除するなど。システムの復元が有効であれば Windows システムを過去に戻せるので使いません。