オレンジセキュアサービス株式会社

BitLocker回復キーが存在しないトラブルを検証してみました。

BitLocker回復キーが存在しないことも……

更新日 :
公開日 :

BitLocker回復キーが存在しないため、探しても見つからないというトラブルもあります。今回はなぜそのような現象が起きるのかBitLockerの仕組みを確認、検証してみます。

ただBitLocker回復キーが存在しないケースは超が付くくらいの珍しい話です。自分でBitLockerをオンにしていない場合は、MicrosoftアカウントにBitLocker回復キーが登録されています。もしBitLocker回復キーが見つかっていない場合は、存在しない確率よりも、まだ見つけ出せていない確率のほうがはるかに高いため、なんとか見つけ出していただければと思います。

ちなみに、パソコンのサインインがローカルアカウントで、BitLockerの仕組みにエラーが起きてしまいますと、BitLocker回復キーが外部に保管されていない状態で暗号化のロックがかかってしまいます。

それではBitLockerの仕組みを確認、検証してみましょう。

この記事を、 Twitterでツイートする | Facebookでシェアする | LINEに送る

*この記事は「パソコンが苦手な方でも安心してできるメンテナンス」を目指しています。秋葉原で対面のパソコン修理をしておりまして、お客様よりお伺いする話から、これは試していただきたいこと、これはやらないほうがよいことなどをまとめた超入門編のトラブルシューティングを書きました。

  1. BitLocker仕組みの調査
  2. BitLocker仕組みの問題点
  3. BitLocker回復キーが存在しないケースもあります
  4. この作業をYouTubeにアップしました
  5. 当社サービスについて
お問い合わせフォーム
作者の齋藤実の顔写真

Author by

IT トラブルの現場をよく知る専門性を買われて、All About、Biz コンパス、ウイルスバスターチャンネルといった専門色の強い大手 WEB メディアでも活躍中。雑誌やラジオへ出演したこともあり。

こんにちは、パソコンが苦手な人でも安全で簡単にできるトラブルシューティングを書きました。この記事がトラブル解決に役立ったならとても幸いです! ぜひご活用いただければと思います。

10周年の節目になりましてホームページを新デザインに移行中です。古いデザインのページもありまして大変申し訳ありません。東京、秋葉原のパソコン修理 オレンジセキュアサービス株式会社です。Ver.7.1

BitLockerの仕組み

BitLocker暗号化を確認した画像
Microsoftアカウントにデバイスが登録されているものの肝心のBitLocker回復キーがありません。

BitLockerの設定がオフでも、BitLockerは常時オンになっています。ただし、BitLockerの設定がオフの場合は、Windows11/Windows10、回復ドライブからはBitLocker回復キーが不要でアクセスでき、BitLockerがオフと同じ状況になります。

ここではハードディスクの引っ越しソフトを使って、BitLockerが常時オンになっていることを確認しましたが、Windows7/WindowsVista、MAC、Linuxも使って、BitLockerが常時オンになっていることを確認済みです。

それではBitLockerの設定がオフでも、BitLockerは常時オンになっていることを確認していきましょう。

BitLocker仕組みの調査

まずはBitLocker暗号化の設定がオフになっていることを確認するために回復ドライブから起動します。

回復ドライブから起動しようとしている画像

BitLockerがオンでしたら、コマンドプロンプトからメンテナンスしますとBitLocker回復キーの入力を求めてきます。BitLockerがオフのため回復キーを求められませんでした。NTFSフォーマットも認識できています。ちなみに、BitLockerがオンでしたら回復キーを入力するまではNTFSではなく、unknowの表示になります。間違いなく、BitLocker暗号化の設定がオフになっています。

コマンドプロンプトでNTFSフォーマットを確認している画像

今度は、ハードディスクの引っ越しソフト(AOMEI Partition Assistant)から起動します。ちなみに、こちらの引っ越しソフトはお客様のお持ち込みです。SSDの換装が失敗するという修理依頼でお受けしたところ、BitLockerが原因で失敗しておりました。このようなUSBから起動するタイプの引っ越しソフトは、BitLockerの壁を乗り越えることができず失敗します。

ハードディスクの引っ越しソフトを使って起動しようとしている画像

BitLockerを認識しています。それと暗号化でCドライブにアクセスできないため、ディスク使用量が認識できずゼロでした。

BitLockerと表示があり、さらにディスク使用量が認識できずゼロになっている画面

これによってBitLockerは常時暗号化された状態ということがわかります。ただし、BitLockerの設定がオフの場合は、Windows11/Windows10と回復ドライブだけは、BitLocker回復キーの入力が不要でアクセスできる仕組みになっています。もちろん、常時暗号化された状態ですから、それらではないOS(Windows7/WindowsVista、MAC、Linux)ではアクセスできません。

ちなみに、こちらのパソコンはWindowsをローカルアカウントで使っていまして、Windowsの設定はBitLockerがオフです。そのため、ディスクの管理でCドライブがNTFS(BitLockerで暗号化済み)になっているものの、エクスプローラーのCドライブにはBitLockerで保護されていることを表現する南京錠アイコンが付いていません。BitLockerは常時オンになっていますが、Windows11/Windows10と回復ドライブだけはBitLockerで保護されていないオフと同じ状況になっています(Windows7/WindowsVista、MAC、LinuxからはBitLocker暗号化がかかっていてアクセスできません)。

ディスクの管理画面でCドライブが「NTFS(BitLockerで暗号化済み)」という表示を確認している画像
ディスクの管理でCドライブがNTFS(BitLockerで暗号化済み)になっていないWindowsのHomeエディションは、モダンスタンバイに対応していても、BitLockerをオンにすることができません

BitLocker仕組みの問題点

このBitLockerの仕組みは回りくどいと言いましょうか、単純に管理画面からオン・オフできればすんなりですよね。かみ砕いてレポートしましたが、変な仕組みとクエスチョンに思われている方も多いのではないでしょうか。ただ、この回りくどいBitLockerの仕組みには問題点もあったりします。

もしパソコンへのサインインがMicrosoftアカウントではなくローカルアカウントで、さらにBitLockerをあえてオンに設定していない場合は、BitLocker回復キーが外部に保管されていません。そのような条件でこのBitLockerの仕組みにトラブルが起きてしまうと、BitLocker回復キーが外部に保管されていない状態でBitLocker回復キーの入力が求められてしまいます。存在しない情報を見つけることはできません。そのままBitLockerの暗号化で封印されてしまいます。

BitLocker回復キーが存在しないケースもあります

自分でBitLockerをオンにしていない限り、BitLocker回復キーはMicrosoftアカウントに登録されています。絶対にBitLocker回復キーは見つかるの?というご質問もありますが、実際にBitLocker回復キーが存在しない案件もあります。

ただ、BitLocker回復キーが存在しない案件は超が付くくらいの珍しい話です。もしBitLocker回復キーが見つかっていない方は、BitLocker回復キーが存在しない確率よりも、まだ見つかっていない確率のほうがはるかに高いです。

たとえば、当社の実績ブログ BitLocker回復キーの入力画面が出てWindowsが起動しない修復事例 は、複雑なMicrosoftアカウントの運用でBitLocker回復キーが画面に表示されてるものの気付かなかったというケースです。このような存在するのに見つかっていないという確率のほうがはるかに高いです。

こちらは改めて、BitLocker回復キーの探し方です。 BitLocker 回復キーを確認する方法 をご確認ください。見つける方法がわかってもBitLocker回復キーがなかなか見つからない場合は BitLocker回復キーが見つからないときに確認したいポイントと事例 をご確認ください。なんとかBitLocker回復キーが見つかるようご協力できればという思いから、なかなか見つからないときに確認したいポイントやお客様からお伺いした「やっとの思いでBitLocker回復キーが見つかった!」という事例をご紹介しています。

それとBitLocker回復キーが無い場合にできることは何でしょう?というご質問も多く BitLocker回復キーがわからない、Windowsが起動しない時にできること こちらでご確認ください。

YouTube動画でも作業手順をレポートしています!

BitLocker回復キーが存在しないケースもあります。#shorts

ハードディスクの引っ越しソフトを使って、BitLockerが常時オンになっていることを確認しました。