オレンジセキュアサービス株式会社

「自動修復を準備しています」が進まない原因と対処法

自動修復が終わらない、かかる時間は?

更新日 :
公開日 :

パソコンの電源を投入し「自動修復を準備しています」メッセージが表示され「 PC を診断中」、「ディスクのエラーを確認しています」など動作していますが、なかなか自動修復の完了画面まで進まず、メンテナンスが終わりません。今回は、そのようなパソコンが動いているものの、いつまで待っても自動修復が完了画面まで進まない、自動修復が終わらないというWindows11/Windows10が起動しないトラブルの原因と解決方法がテーマになります。

ちなみに、同じ自動修復のトラブルでも以下の症状は原因が違いまして解決方法も変わります。症状が違う場合はリンク先ページで解決方法をご確認いただければと思います。

この自動修復ですが、通常は30分未満で終わります。「自動修復を準備しています」メッセージでは自動修復のプログラムを読み込んでいるだけでして、長くても1分かからないでしょう。「 PC を診断中」も1分かかるかどうかですし、「ディスクのエラーを確認しています」は1時間程度かかるようなメッセージが表示されますが、最近のパソコンのスペックなら長くても10分くらいかと思います。「修復しようとしています」の場合も長くて10分くらいです。もし1時間かかっても自動修復が終わらないときは異常と判断して間違いないでしょう。

注意点もあります。この症状はメンテナンス中ということを表現するアニメーションのクルクルが回り続けますし、キーボードの「NumLock」などのランプも反応するため、フリーズなどの異常はありません。作業時間が長くかかっているだけで正常にメンテナンスできているように感じますが……たとえば3日かかってやっと自動修復が終わったみたいなすごく時間がかかる場合は部品が故障している可能性大です。もしデータが重要という場合はデータを壊してしまう可能性もあり、30分を超える場合はパソコンを強制終了してメンテナンスを終わりにしたほうが間違いありません。

それでは自動修復を準備していますが進まない原因と対処法についてレポートします。

この記事を、 Twitterでツイートする | Facebookでシェアする | LINEに送る

*この記事は「パソコンが苦手な方でも安心してできるメンテナンス」を目指しています。秋葉原で対面のパソコン修理をしておりまして、お客様よりお伺いする話から、これは試していただきたいこと、これはやらないほうがよいことなどをまとめた超入門編のトラブルシューティングを書きました。

  1. 自動修復が進まない原因について
  2. 「自動修復を準備しています」が進まないときの対処法
  3. 万が一、お困りときは…
お問い合わせフォーム
作者の齋藤実の顔写真

Author by

IT トラブルの現場をよく知る専門性を買われて、All About、Biz コンパス、ウイルスバスターチャンネルといった専門色の強い大手 WEB メディアでも活躍中。雑誌やラジオへ出演したこともあり。

こんにちは、パソコンが苦手な人でも安全で簡単にできるトラブルシューティングを書きました。この記事がトラブル解決に役立ったならとても幸いです! ぜひご活用いただければと思います。

10周年の節目になりましてホームページを新デザインに移行中です。古いデザインのページもありまして大変申し訳ありません。東京、秋葉原のパソコン修理 オレンジセキュアサービス株式会社です。Ver.7.1

自動修復が進まない原因について

「自動修復を準備しています」画面

Windows11/Windows10に起動できないトラブルが起きると、自動的に「自動修復を準備しています」が始まり、そのトラブルを直します。この自動修復は、自分で自分を直す自己修復機能です。もし自動修復が完了画面まで進まない、終わらないならその要因は2つです。

  • 自動修復プログラムのエラー
  • パソコン部品のエラー

自動修復プログラムのエラー

もし自動修復のプログラムがエラーを起こしていれば、正常に動作できないため、自動修復が終わらないなどのトラブルを起こします。

ちなみに、自動修復が始まるということは、既にWindowsに何かしらのトラブルが起きており、そのトラブルを直そうとしています。そのWindowsに起きている何かしらのトラブルの影響で自動修復プログラムにもエラーが起きているというトラブルが昔からあります。

このようなメンテナンスのプログラムのエラーで正常に処理されない現象はWindows7のときから珍しくなく、当社の実績ブログ では回復ドライブや回復ディスクといったUSB(DVD)からのメンテナンスで簡単に直ったケースもご紹介しております。

パソコン部品のエラー

3日かかってやっと自動修復が終わったみたいなすごく時間がかかる場合は部品が故障している可能性もあります。特にハードディスクが弱りますと、処理スピードが極端に遅くなる現象がでます。そのため、いつになっても自動修復のメンテナンス作業が終わらないという現象を起こします。

それと自動修復にすごく時間がかかるケースとしまして、一時的なトラブルで誤作動していることもあります。パソコン部品が誤作動していればソフトウェアは正常に動作できないため、Windowsが起動に失敗したり、自動修復などのメンテナンスもなかなか終わりません。

たとえば、放電で誤作動がリセットされるような一時的なトラブルはパソコントラブルでよくある話です。それと、自分で増設(改造)している場合は、増設部品の相性問題で誤作動トラブルが起きることもあります。特にメモリーという部品はたまにケンカするみたいな一時的にトラブルを起こすこともあります。

解決方法のイメージ画像

「自動修復を準備しています」が進まないだけの症状では、自動修復プログラムのエラーなのか、パソコン部品のエラーなのかを判断することができません。そこで切り分け方法ですが、回復ドライブに収録されている「スタートアップ修復」を行います。ハードディスクに故障がなければすんなり終わりますので簡単に解決できます。

ちなみに、この回復ドライブですがトラブルの起きているパソコンで作成することはできません。職場内や家族の正常に動作するパソコンで作り、トラブルの起きているパソコンで使います。回復ドライブのプログラムは正常でして、回復ドライブでもメンテナンスが終わらない場合は、パソコン部品のエラーと切り分けができますし、回復ドライブですんなり終われば、自動修復プログラムのエラーと切り分けできます。

ただし、パソコン部品の一時的なトラブルで誤作動していたり、誤検出している場合も、回復ドライブでのメンテナンスが終わりません。そのため、パソコン部品に誤作動、誤検出がない状態にしてから回復ドライブを試しますと間違いありません。そのような作業手順も含めまして「自動修復を準備しています」が進まないときの対処法をご紹介します。

「自動修復を準備しています」が進まないときの対処法

もし自動修復を準備していますが30分以上かかる場合は異常です。電源ボタン長押しの強制終了してください。放電でパソコン部品の一時的なトラブルを解消してから、回復ドライブのスタートアップ修復でメンテナンスしてください。

こちらは注意点です。回復ドライブのスタートアップ修復も30分以上かかる場合は部品故障の可能性が高いです。長時間の作業や作業を繰り返すことでデータを壊してしまう恐れもあります。強制終了してパソコン部品を休ませてください。

ここでご紹介する作業にかかる時間は2時間です。ここでは回復ドライブを使います。2GB以上の空のUSBメモリをご準備ください。それではWindows11/Windows10のトラブルを直しましょう。

  1. 強制終了してください。
  2. 放電してください。
  3. 回復ドライブを作ってください。
  4. 回復ドライブから起動してください。
  5. 回復ドライブのスタートアップ修復を実行してください。

強制終了してください。

パソコン電源ボタンを長押しの強制終了している画像

パソコンの電源ボタンを長押しして強制終了してください。

自動修復を準備していますが30分以上かかる場合は異常です。電源ボタン長押しの強制終了してください。

放電してください。

放電している画面

パソコン内の電気をゼロにする放電を行ってください。

パソコン部品の一時的なトラブル電源オフだけでリセットできるのですが、電源オフだけではリセットされずにトラブルが続いてしまうこともあります。これは時計でしたりBIOSで設定変更した情報を保持するためにCMOSというボタン電池を使っているためです。放電で電気を逃がしてあげて(完全な電源オフを行い)誤作動のない、正常な状態にリセットするのが目的です。

放電の詳しい手順は Windowsが起動しないときに放電を試したほうが良い? でご確認ください。増設部品の取り外しなど、パソコン部品の誤作動をリセットする全般の作業をレポートしています。

回復ドライブを作ってください。

回復ドライブを作っている画像

正常に起動するパソコンで回復ドライブを作ってください。

回復ドライブはUSBメモリで作成するWindows11/Windows10のメンテナンス機能です。会社やご家庭にある正常に動作する他のパソコンで作成した回復ドライブを使ってトラブルの起きたパソコンをメンテナンスできます。

回復ドライブはWindows11とWindows10で相互利用できます。たとえば、Windows10で作成した回復ドライブをトラブルが起きたWindows11で使うことができます(その逆パターンもOKです)。ただし、Windows11は32ビットがありません。32ビットのWindows10で作成した回復ドライブを64ビットのWindows11では使えません。*ビットが違うと作業できません。

回復ドライブの作り方は Windows11Windows10 でご確認ください。

回復ドライブから起動してください。

回復ドライブから起動している画像

正常なパソコンで作成した回復ドライブをトラブルの起きているパソコンに接続して起動してください。

回復ドライブからの起動方法ですが、たとえば、DELLパソコンは電源ボタンを押してからキーボードの「F12」を連打してください。キーボードの矢印キーで回復ドライブのUSBメモリを選択してから、キーボードのEnterを押してスタートです。Surfaceは音量を下げるボタンを押しながら電源ボタンを押しますと回復ドライブから起動します。

その他のメーカーパソコンはこちらのリンクからご確認ください。 NEC富士通東芝LenovoDELLHP 。もし上手くいかない場合はパソコンメーカー様に電話でご確認ください。詳しく教えてくれます。

回復ドライブからの起動後に、もしBitLocker回復キーの入力を求めてくる場合は、BitLocker 回復キーを確認する方法 でBitLocker回復キーを入手してください。BitLocker回復キーの探し方がわかったものの、なかなかBitLocker回復キーが見つからないという場合は、BitLocker回復キーが見つからないときに確認したいポイントと事例 でご確認ください。

回復ドライブのスタートアップ修復を実行してください。

回復ドライブのスタートアップ修復を実行している画像

回復ドライブから起動したら詳細オプション画面まで進んで、スタートアップ修復をクリックしてください。完了したら再起動してWindowsが起動するかどうかご確認ください。

回復ドライブからの起動後に、「Microsoft IME」、「トラブルシューティング」とクリックして進みますと詳細オプション画面になります。詳細オプション画面に「スタートアップ修復」のボタンがあります。次に「Windows11」、「シャットダウン」とクリックして完了です。再起動してWindows11の起動トラブルが改善していることをご確認ください。

詳しい作業手順は Windows11回復ドライブを使ったスタートアップ修復の方法 でご確認ください。Windows11を使ってレポートしておりますが、Windows11をWindows10に読み替えていただければ操作方法は同じです。

回復ドライブのスタートアップ修復でも30分を超える場合ですが、残る原因は部品故障になります。修理に出したり、新パソコンの購入が次の解決方法になります。

データが重要な場合は、30分を超える作業や繰り返し作業をすることでデータを壊してしまう可能性もあります。もし回復ドライブの作業でも30分を超える場合は強制終了してパソコン部品を休ませてください。