オレンジセキュアサービス株式会社

自動修復を準備しています、で停止して、Windows11/Windows10が起動しないときの修復方法

自動修復を準備しています、で停止(フリーズ)してしまいます……

更新日 :
公開日 :

Windows11/Windows10のパソコンの電源を入れると「自動修復を準備しています」がはじまってしまいます。その自動修復が完了せずに、途中で停止(フリーズ)してしまうのですが、このトラブルを直す方法はありますか?というご質問を受けることがありまして、パソコンが苦手という方でも試せる超入門編の修復方法が今回のテーマになります。

ちなみに、自動修復がはじまりますと、自動修復を準備しています、PC を診断中、ディスクのエラーを確認しています、修復しようとしています、などメッセージが変化していきます。そのメッセージの上には動作中を表現するアニメーションのクルクルが回りますが、そのクルクルがピタッと停止したり、いつまでもクルクルが表示されず画面がフリーズし、自動修復の完了画面が表示されない(自動修復が完了しない)というトラブルが対象になります。*どのメッセージでも作業が進まず停止すればこの修復方法の対象です。

ただし、同じ自動修復のトラブルでも以下の症状の場合は原因が違いまして解決方法も変わってきます。もし症状が違う場合はリンク先ページで解決方法をご確認いただければと思います。

この自動修復を準備していますで停止(フリーズ)してしまう現象の問題点は、メンテナンスができていないということです。自動修復はWindows11/Windows10に深刻なエラーが発生すると自動的にはじまるメンテナンスのプログラムです。途中で停止してしまいますと、Windowsの深刻なエラーを改善できませんので、いつまで経っても起動することができません。

作業の注意点としてしましては、フリーズと言いましょうか、動作中を表現するアニメーションのクルクルがピタッと止まる症状は部品故障の可能性もあります。もしここでレポートしているメンテナンス方法でもフリーズしたりエラーが起きるなどで作業ができない場合は、部品の故障の可能性も出てきます。繰り返し作業することでデータが壊れてしまう恐れもあり、データが重要な場合は要注意です。

それでは自動修復を準備しています、で停止して、Windows11/Windows10が起動しないときの修復方法をレポートします。ちなみに、このページの記事はパソコンが苦手な方向けになっておりますが、このページの動画は中級者から上級者向けという2段階の構成になっております。

この記事を、 Twitterでツイートする | Facebookでシェアする | LINEに送る

*この記事は「パソコンが苦手な方でも安心してできるメンテナンス」を目指しています。秋葉原で対面のパソコン修理をしておりまして、お客様よりお伺いする話から、これは試していただきたいこと、これはやらないほうがよいことなどをまとめた超入門編のトラブルシューティングを書きました。

  1. 自動修復を準備していますで停止する原因について
  2. 自動修復を準備していますで停止してWindows11/Windows10が起動しないときの修復方法
  3. 自動修復を準備していますで停止してWindows10が起動しないときの修復方法(中級者以上向け動画)
  4. 自動修復で停止するトラブルでよくあるご質問FAQ
  5. 万が一、お困りの時は…
お問い合わせフォーム
作者の齋藤実の顔写真

Author by

IT トラブルの現場をよく知る専門性を買われて、All About、Biz コンパス、ウイルスバスターチャンネルといった専門色の強い大手 WEB メディアでも活躍中。雑誌やラジオへ出演したこともあり。

こんにちは、パソコンが苦手な人でも安全で簡単にできるトラブルシューティングを書きました。この記事がトラブル解決に役立ったならとても幸いです! ぜひご活用いただければと思います。

10周年の節目になりましてホームページを新デザインに移行中です。古いデザインのページもありまして大変申し訳ありません。東京、秋葉原のパソコン修理 オレンジセキュアサービス株式会社です。Ver.7.1

自動修復を準備していますで停止する原因について

「自動修復を準備しています」画面

この自動修復は、Windows11/Windows10が起動に失敗したときに自動的にはじまるメンテナンスのプログラムです。そんな自動修復のメンテナンス作業が途中で停止してしまう原因は大きく分けて3パターンにわかれます。

  • パソコン部品の一時的なエラー
  • パソコン部品の故障
  • 自動修復プログラムのエラー

パソコン部品の一時的なエラー

部品故障ではなく、放電や部品の抜き差しで誤作動がリセットされるような一時的な(今だけ発生している)パソコン部品のエラーもあります。もしパソコンの部品が誤作動し、フリーズしてしまうなら、プログラムは正常に動作できません。Windowsは正常に起動できないですし、自動修復などのメンテナンスのプログラムも正常に動きません。

ちなみに、このようなパソコン部品の一時的なエラーは珍しくなく、パソコン修理でご依頼いただいて、電源を入れただけでWindowsが起動しましたという、自然にトラブルが直っているケースが多い月ですと5%もあります。

パソコン部品の故障

上記のようにパソコン部品が今だけ誤作動しているような一時的なエラーもあるのですが、長年お使いのパソコンですと寿命(故障)というケースもあります。パソコン部品が故障している場合も、ソフトウェアは正常に動作できません。Windowsは正常に起動できないですし、自動修復などのメンテナンスのプログラムも正常に動きません。

ちなみに、パソコン部品の一時的なエラーでしたら、放電や部品の抜き差しで誤作動をリセットすれば正常に動作するようになりますが、パソコン部品の故障の場合は、正常な部品に交換しないと正常に動作できません。

自動修復プログラムのエラー

Windowsが起動に失敗すると、自分でそのトラブルを直すために自動修復をスタートします。Windowsには、すでに何かしらのトラブルが起きていまして、その影響で自動修復のプログラムも一緒にトラブルが起きてエラーになっていることがあります。自動修復のプログラムにエラーがあればメンテナンス作業途中で停止するといった現象につながります。

このようなメンテナンスのプログラムのエラーで正常に処理されない現象はWindows7のときから珍しくなく、当社の実績ブログ では回復ドライブや回復ディスクといったUSB(DVD)からのメンテナンスで簡単に直ったケースもご紹介しております。

解決方法のイメージ画像

自動修復を準備していますで停止してWindows11/Windows10が起動しないときの修復方法は、パソコン部品のリセットから順に進めてください。その根拠ですが、パソコンの部品が誤作動している場合はソフトウェアが正常に動かないためメンテナンスできません。パソコン部品のエラーを解消しておく、リセット作業が必要になります。

パソコン部品のリセットを行っても自動修復が途中で停止する場合ですが、正常に起動するパソコンで回復ドライブを作成してエラーの起きているパソコンをメンテナンスしてください。

もし回復ドライブでも停止したりエラーが起きることがあれば部品が故障しています。部品が故障している場合は、作業することで悪化させてしまいデータを壊してしまう恐れもあります。データが重要な場合は無理な作業をせずに、電源を長押しの強制終了してください。*作業時間の目安もレポートしますので超えないようご注意ください。

回復ドライブで無事メンテナンスがスタートできれば、自動修復プログラムのエラーだったことが切り分けできます。スタートアップ修復から順に作業を進めてWindows起動トラブルをメンテナンスしてください。

自動修復を準備していますで停止してWindows11/Windows10が起動しないときの修復方法

作業のポイントは、回復ドライブ収録のスタートアップ修復です。自動修復を準備していますとスタートアップ修復は同じ機能でして、回復ドライブのスタートアップ修復でも停止したり、作業時間が30分を超える場合は、パソコン部品に原因があると切り分けできます。

ちなみに、回復ドライブのスタートアップ修復の前に、パソコン部品のリセットを行っている場合は、既にパソコン部品の一時的なエラーは解消されています。残る原因は、パソコン部品の故障と切り分けできます。部品交換修理または新PCの購入が次の解決策になります。

パソコン部品リセット後の回復ドライブ・スタートアップ修復が30分以内に完了する場合は、自動修復プログラムのエラーということが切り分けできます。回復ドライブのスタートアップ修復でWindows起動トラブルが直っているはずですが、もし直っていない場合は、更新プログラムのアンインストール、システムの復元とお進みください。

この作業には、回復ドライブが必要になります。すべてを作業する場合は最大で6時間(通常は2時間くらい)かかります。それではWindows11/Windows10の起動トラブルを直していきましょう。パソコン部品のリセットから順に作業してください。

  1. パソコン部品をリセットしてください。
  2. 回復ドライブを作成してください。
  3. 回復ドライブから起動してください。
  4. 回復ドライブの「スタートアップ修復」を実行してください。
  5. 回復ドライブの「更新プログラムのアンインストール」を実行してください。
  6. 回復ドライブの「システムの復元」を実行してください。

パソコン部品をリセットしてください。

放電でパソコン部品をリセットしている画像
放電でノートパソコンをリセットするときはバッテリーも外してください。

パソコン部品をリセットして、今だけ起きている一時的なエラーや誤作動のない状態にメンテナンスしてください。

Windowsが起動しないトラブルでご相談いただいて、パソコンが到着したらトラブルが起きていないというケースが多い月ですと5%もあります。ちなみに、Windowsはメンテナンスしないとトラブルが直りませんし、パソコン部品の故障なら交換が必要です。当社への移動だけで症状が改善していることから、放電だけで解決するような一時的なエラーや誤作動は一定数あると言えます。

パソコン部品の誤作動をリセットするキーワードは、放電、掃除、リセットボタン、メモリの抜き差し(と増設メモリがあれば取り外し)、ボタン電池の抜き差しです。放電などの詳しい方法は Windowsが起動しないときに放電を試したほうが良い? でご確認ください。

注意点としましては、パソコンの形状によって出来ることが違う(作業の難易度が高い場合もある)ことです。無理な作業はパソコンを壊してしまう恐れもありまして、無理なく出来ることのみお試しください。

回復ドライブを作成してください。

回復ドライブを作っている画像
トラブルが起きる前に回復ドライブを準備していない場合は、正常に起動するパソコンでお作りください。

正常に起動するパソコンで回復ドライブを作成してください。

回復ドライブはUSBメモリで作成するWindowsのメンテナンス機能です。会社やご家庭にある正常に動作する他のパソコンで作成した回復ドライブを使ってトラブルの起きたパソコンをメンテナンスできます。

回復ドライブはWindows11/Windows10で相互利用できます。たとえば、Windows10で作成した回復ドライブをトラブルが起きたWindows11で使うことができます(その逆パターンもOKです)。ただし、Windows11は32ビットがありません。32ビットのWindows10で作成した回復ドライブを64ビットのWindows11では使えません。*ビットが違うと作業できません。

回復ドライブの作り方は Windows11Windows10 でご確認ください。

回復ドライブから起動してください。

回復ドライブから起動している画像
NECパソコンはキーボードの「F2」から回復ドライブを選択して起動するケースが多いです。

正常なパソコンで作成した回復ドライブをトラブルの起きているパソコンに接続して起動してください。

回復ドライブからの起動方法ですが、たとえば、DELLパソコンは電源ボタンを押してからキーボードの「F12」を連打してください。キーボードの矢印キーで回復ドライブのUSBメモリを選択してから、キーボードのEnterを押してスタートです。Surfaceは音量を下げるボタンを押しながら電源ボタンを押しますと回復ドライブ優先で起動します。

その他のメーカーパソコンはこちらのリンクからご確認ください。 NEC富士通東芝LenovoDELLHP 。もし上手くいかない場合はパソコンメーカー様に電話でご確認ください。詳しく教えてくれます。

データが重要な場合の注意点です。回復ドライブから起動している最中に表示されるアニメーションのクルクルマークが5回転以上する場合はハードディスク(SSD)故障の可能性があります。ハードディスク(SSD)にはデータが保存されておりますので壊れてしまう恐れもあります。電源ボタンを長押ししての強制終了で作業を終了してください。

回復ドライブからの起動後に、もしBitLocker回復キーの入力を求めてくる場合は、BitLocker 回復キーを確認する方法 でBitLocker回復キーを入手してください。BitLocker回復キーの探し方がわかったものの、なかなかBitLocker回復キーが見つからないという場合は、BitLocker回復キーが見つからないときに確認したいポイントと事例 でご確認ください。

回復ドライブのスタートアップ修復を実行してください。

回復ドライブのスタートアップ修復の画面

回復ドライブから起動したら詳細オプション画面まで進んで、スタートアップ修復をクリックしてください。完了したら再起動してWindowsが起動するかご確認ください。

自動修復を準備していますの自動修復と回復ドライブのスタートアップ修復は、同じメンテナンス機能のプログラムです。もし正常なパソコンで作成した回復ドライブのスタートアップ修復でも、作業中に停止したり、作業時間が30分以上かかる場合は、パソコン部品の故障と切り分けできます。部品交換修理または新PCの購入が次の解決策になります。

回復ドライブのスタートアップ修復が30分以内に完了する場合は、自動修復プログラムのエラーだったということが切り分けできます。スタートアップ修復でWindows起動トラブルが直っているはずですが、もし直っていない場合は、次の更新プログラムのアンインストールへお進みください。

ちなみに、回復ドライブからの起動後に、「Microsoft IME」、「トラブルシューティング」とクリックして進みますと詳細オプション画面になります。詳細オプション画面に「スタートアップ修復」のボタンがあります。次に「Windows11(Windows10)」、「シャットダウン」とクリックして完了です。

詳しい作業手順は Windows11回復ドライブを使ったスタートアップ修復の方法 でご確認ください。Windows11を使ってレポートしておりますが、Windows11をWindows10に読み替えていただければ操作方法は同じです。

部品故障が原因の場合は作業時間が長くなるなどの現象がでます。無理な作業でデータを壊してしまう恐れがあり、データが重要な場合に限り、作業時間が30分を超えたら電源ボタンを長押ししての強制終了したほうがベストです。

回復ドライブの更新プログラムのアンインストールを実行してください。

回復ドライブの更新プログラムのアンインストールの画像

回復ドライブから起動したら詳細オプション画面まで進んで、更新プログラムのアンインストールをクリックしてください。

更新プログラムのアンインストールとは Windows Update でインストールした更新プログラムをアンインストールするという機能です。Windows Update がらみのトラブルでしたらこれでトラブルが解決できます。

更新プログラムのアンインストールには「最新の品質更新プログラムをアンインストールする」と「最新の機能更新プログラムをアンインストールする」があります。「最新の品質更新プログラムをアンインストールする」は毎月配信される個々のプログラムです。「最新の機能更新プログラムをアンインストールする」は年に1回配信されるバージョンアップです。

まずは「最新の品質更新プログラムをアンインストールする」を実行して改善しない場合は、「最新の機能更新プログラムをアンインストールする」を実行してください。

「最新の機能更新プログラムをアンインストールする」については、年に1回しか配信されないバージョンアップの Windows Update です。時間が経ちますと、アンインストールに必要な情報が削除されますのでエラーで実行できない場合もあります。もしエラーでできなくても問題ありません。

もし回復ドライブの更新プログラムのアンインストールでもWindows起動トラブルが改善しない場合は、次のシステムの復元にお進みください。

詳しい作業手順は Windows11回復ドライブを使った更新プログラムのアンインストールの方法 でご確認ください。Windows11を使ってレポートしておりますが、Windows11をWindows10に読み替えていただければ操作方法は同じです。

パソコン部品に故障がありますとデータを壊してしまう恐れがあります。データが重要な場合に限り、作業時間が3時間を超えたら電源ボタンを長押ししての強制終了したほうがベストです。

回復ドライブのシステムの復元を実行してください。

回復ドライブのシステムの復元の画像

回復ドライブから起動したら詳細オプション画面まで進んで、システムの復元をクリックしてください。

システムの復元とは、Windowsのトラブル全般で役に立つメンテナンスのひとつです。システムの復元は復元ポイントというバックアップ時の状態にプログラムを戻します。エラーを起こす前の正常なプログラムに戻りますのでトラブルが解決するという仕組みです。

ただシステムの復元は一部のプログラムのみしかコントロールしないため(すべてのプログラムではないため)矛盾が生じてしまうこともあり、直すつもりで状況がさらに悪化してしまうこともある劇薬です。特に復元ポイントの日時とWindows起動トラブルが起きた日時に関連性がない場合は実行したらキケンです。

Windows XP 時代からWindowsトラブルのメンテナンス方法としてシステムの復元は有名と言いましょうか、一般的に試したほうが良いとされる定番機能です。ただシステムの復元は考えもなくうかつに作業すると悪化してしまうこともあります。きちんとした知識(中級者以上のレベル)が必要でして、悪化が心配でしたら作業しないほうが間違いないでしょう。その他の注意点は システムの復元を実行する前に知ってほしい 10 のこと でご確認ください。

詳しい作業手順は Windows11回復ドライブを使ったシステムの復元の方法 でご確認ください。Windows11を使ってレポートしておりますが、Windows11をWindows10に読み替えていただければ操作方法は同じです。

パソコン部品に故障がありますとデータを壊してしまう恐れがあります。データが重要な場合に限り、作業時間が3時間を超えたら電源ボタンを長押ししての強制終了したほうがベストです。

自動修復を準備していますで停止してWindows10が起動しないときの修復方法(中級者以上向け動画)

ここではレポートしていない中級者以上向けの対処法の動画で作りました。こちらの動画は合計で 14 分 30 秒あります。

この作業では回復ドライブを使います。回復ドライブの作り方回復ドライブからの起動方法 でご確認ください。

各対処法の YouTube 動画をピンポイントで確認される場合は以下のリンクからどうぞ!

自動修復が停止するその原因と解決策の補足です!

中級者以上向け動画について、なぜその作業が必要なのか?理由を把握していないと勘違いしてしまう可能性もあります。直せたトラブルが直らないなんてことがあるかもしれませんので、具体的な手順ではなく、その理由のような補足の動画になります!こちらの動画は合計で 5 分 16 秒あります。

自動修復で停止するトラブルでよくあるご質問FAQ

ディスクのエラーを確認しています、で停止します。

ディスクのエラーは、ハードディスクの故障という意味ではありません。通常は30分未満で終わります。

PC を診断中、で停止します。

PC を診断中の上にクルクルが回っていますが回転が止まっていたり、クルクルが表示されずにフリーズしている場合はパソコン部品のリセットを行ってから回復ドライブでメンテナンスしてください。クルクルが回り続けている場合ですが、通常は1分もかからず次のメッセージに変わります。

自動修復の途中で強制終了しても良いですか?

もし自動修復がはじまって30分を超えている場合は、自動修復が終わっているものの画面の表示だけが止まっている可能性もあります。30分を超えている場合は、強制終了しても問題ないと思います。

自動修復を準備していますの次に黒い画面になり進みません。

自動修復を準備していますの次に PC を診断中などメッセージが変化しますが、その切り替わり時に黒い画面で停止することもあります。この場合もパソコン部品のリセットを行ってから回復ドライブでメンテナンスしてください。